高条件の男性を望んでしまうと

10代の頃というのはルックスの良いいわゆるイケメンを好きになる女性が多いのですが20代後半になってくるとルックスよりも経済力の方に魅力を感じるようになってきますよね。やはり、結婚をすれば家計を共にしていくことになる以上それなりにお金を稼いできてくれる人の方が良いというのはごく当然のことです。例えば、10代の頃は絶対にイケメンじゃないと嫌だと思っていた人でも26歳くらいになれば見た目は普通で良いので年収は600万円以上はあって欲しいという風に考え方が変わってくるのはごく自然なことになってきます。なので、本気で結婚したいと思うようになってきたら経済力がある男性じゃないと交際できないという風に感じるようになってしまうのは無理もないことになるわけです。

 

しかし、女性の側が男性に対して年収の高さを求めるように男性の側もそれなりに条件を提示してくることなるわけですから自分が理想を求める以上は相手からもそれなりに厳しい目でチェックされることになるというのは覚悟しなければなりません。具体的には結婚相手となる男性に年収1000万円以上を希望しているのであれば男性側にこの女性はとても可愛いという風に思われないとなかなか選んでもらえないということも珍しくはなくなることになってきます。なので、結婚相手に高いハードルを要求するのであれば自分もそれと同じ高さのハードルを越えなければならないことになってきます。ですがそうなると常に努力をし続けなければならないため苦しいと感じるのは避けることができません。そのため、結婚相手を探す時には無理をしなくても一緒にいられるような男性を占いで教えてもらいその特徴に合致する人と結婚することがポイントになってくるわけです。

 

2019年4月8日更新

TOPへ